医療目的で使用される、衣服や防止の効果を知る

医療用スクラブ白衣をオーダーメイドする

効果的な機能

スクラブの機能性が評価されつつある

スクラブはアメリカなどの欧米では一般的な医療従事者のユニフォームでしたが、日本でもドラマなどの影響から一般的にも認識され始め実際の病院でも白衣に変わり導入する病院が増加しています。 白衣は生地が白いため汚れが目立ち、綺麗に管理するためにはクリーニングが必要でお金がかかるのが問題でしたがスクラブは自分で洗濯機でガラガラと洗え、シワになりにくく、乾燥機に入れなくてもすぐに乾くため扱いやすく管理しやすいメリットがあり、白地の製品もありますが赤やピンク、青などカラフルな色が多く汚れが目立ちにくく、汚れ防止機能のある生地を使用されて製品化されているスクラブが多く白衣からスクラブへ変える医療従事者が増加しています。

白衣が好まれる診療科もある

スクラブは機能性に優れている製品で、病院内で忙しく走り回ったり、器具や機器の取り扱いの多い勤務内容の看護師の場合は、体の動きを邪魔せずサポートするスクラブが人気で外科やICU、ERなどの運動量の多い診療科では導入されておりますが、高齢者や年配の方の患者が多い病院などは白衣の着用が好まれる傾向にあります。 昔から医療従事者は白衣というイメージがあり、特に看護師は白衣のスカートにナース帽という欧米では大昔のスタイルが日本では最近まで一般的だったために高齢者や年配の方には戸惑う方や不快感を持つ方も多いため、未だ白衣の着用を義務化している病院もあるため、勤務内容や病院の患者さんの年齢層によってどちらのユニフォームを選ぶ必要があります。

Copyright (c) 2015 医療目的で使用される、衣服や防止の効果を知る all reserved.